一般不妊治療
(タイミング法・人工授精)

子宮鏡検査

診断から処置まで

  • 子宮鏡検査は細くて柔らかい細いカメラの子宮ファイバースコープを子宮の中に入れて、生理食塩水を灌流しながら子宮の内部を直接観察するものです。
    イメージ的には胃カメラと同じです。

    超音波検査などで子宮内に内膜ポリープや子宮粘膜下筋腫などの病変が疑われる場合、子宮の形態異常、原因不明不妊や着床不全の場合に行います。
    検査のために行う場合と、内膜ポリープ切除の治療も兼ねて行なう場合があります。ポリープ切除にはリング状の切除器具(LINスネア)を用います。検査は月経終了後に行い検査前に鎮痛剤の坐薬を使用しています。


ヒステロスコープ

ヒステロビデオシステム

子宮内膜ポリープ

〒244-0801
 神奈川県横浜市戸塚区品濃町549-2 三宅ビル7階
TEL 045-825-5525 FAX 045-825-5273

求人案内
受付時間
9:30-12:30 ×
15:00-18:00 × × ×

※卵巣刺激のための注射は日曜日・祝日も行います。
※予約制ではありません。直接受付してください。