不妊症Q&A 目次

  • 不妊症についてのご質問・ご相談をメールにて受け付けています。
  • 当院受診を考慮中の方、他医療機関へ通院中の方も遠慮なくお寄せください!
  • 診療を受けていただかないとお答えできない場合があります。
  • 回答内容は当院の場合に限らせていただきます。
  • 回答にはしばらく時間がかかることがあります。
  • ご質問・回答モデルをホームページ上で紹介することがありますので、ご了承ください。
    (ご相談者のプライバシーに触れることはありませんのでご安心ください)。
  • ご自身のメールアドレスは正確にご記入ください。

質問フォームはコチラ⇒

不妊症Q&A - 当院システム

■当院システム

Q.「プライベートクリニックとして、『院長』イコール『主治医』態勢を守っています」とありますが、具体的にはどういうことでしょうか?
A.検査結果の診断、治療方針、治療スケジュールなど、すべてを院長が担当します。
当院が方針とする「プライベートクリニック」には2つの目的があります。ひとつは、患者さんお一人ずつ異なる状況に応じて、きめ細かく治療法を選択していくことです。もうひとつは診察・検査・検査結果の診断・治療方針およびスケジュールの決定などは、すべて、院長が一貫して責任をもって担当することです。
顕微授精を例にご説明します。
★採卵を前提とした卵巣刺激法:卵巣の状態・年齢などを考慮し、卵巣刺激方法・投与薬剤などの判断は、必ず院長が行います。
★採卵日の決定:院長が超音波検査によって卵胞の発育を観察しながら、最も適切な採卵日を判断しています。
★採卵:院長が必ず採卵いたします。
★顕微授精および受精の確認:胚培養士が担当しますが、いずれも必ず院長が確認いたします。
★移植:院長が必ず移植いたします。

ページの上部へ戻る

トップページへ戻る