高度不妊治療(体外受精・顕微授精)

胚盤胞移植

■着床直前の胚(胚盤胞)を子宮内に移植する方法です
●通常の体外受精、顕微授精では、採卵から2日目に4分割卵を、3日目に8分割卵を子宮内に移植します。これによって妊娠する方は多数います。しかし、良質の分割卵《胚》を繰り返し移植しているにもかかわらず、残念ながら妊娠しない方がいます。

●このような方の場合、通常より培養期間を長くした胚を移植すると、妊娠率が高くなることがわかりました。採卵から5日目に、子宮内膜に着床する直前まで体外で発育させた胚を移植する方法で、「胚盤胞(はいばんほう)移植」といいます。

●多胎妊娠を防ぐためには移植胚の数を制限します。しかし、1個の胚移植では妊娠が難しいケースも多いのです。このため、妊娠率が高い胚盤胞移植を行います。

当院では、上記の理由で「胚盤胞移植」を行っており、成果が期待できます。

胚盤胞
胚盤胞

アシステッド・ハッチング

■受精卵が着床しやすいようにする方法です
●子宮内膜に受精卵が着床する際には、卵を覆う透明帯の一部が溶けて、胚が一部、外に出てきます。これを孵化(ハッチング=hatching)といいます。

●アシステッド・ハッチングは「人工孵化」のことで、子宮内に移植した受精卵が着床しやすいように、受精卵の透明帯を薄くする方法です。

当院では従来の「酸」に替わる、より安全で機械的な方法として、レーザーによるアシステッドハッチングを行っています。

レーザーによるアシステッドハッチング
レーザーによるアシステッドハッチング

二段階移植

■胚移植の際に、培養期間の異なる受精卵を二段階に分けて移植する方法です
●採卵2日目の4分割卵、及び、採卵5日目の胚盤胞を、同一周期に二段階で移植します。
●子宮内膜への着床率を上昇させるひとつの方法として期待されています。

ページの上部へ戻る

トップページへ戻る